トイレは詰まるものって認識しておくことが大切

人間の生理として、「排泄行為」は切っても切り離せない大切な生理現象です。それは、一般的に全国のどの家庭でもトイレが据え付けられていることからも明らかで、この設備がもしも無ければ、とても大変な状況になることは想像に難しくありません。

大雨時にトイレが流れないときの対処法 佐賀市上下水道局

このように私たちは、お手洗いが身の回りに当たり前にあるものとして認識しています。しかし、意外とトイレ詰まりが発生する件数が多いことは、あまり知られていません。



具体的な数字で見てみると、東京都千代田区のある水トラブル専門店での対応件数は、1日約80件以上になるとのこと。日頃想像もしないことが多いお手洗いのトラブルは、実は「いつ起こっても不思議ではない」確率で身の回りに潜んでいるのです。

トイレ|自分で修理したい | 住まいの設備と建材 | Panasonic

ちなみに、お手洗いを詰まらせてしまう原因のトップは、おむつや生理用品を便器にそのまま流してしまったこととされています。最近ドラッグストアなどでよく見かける、「使ったらそのまま便器に流せる系」の掃除用具もここにカテゴリーされている模様です。忙しい主婦を助けるお手軽で便利なアイテムが増える反面、あまり知られていないものの、これがトイレ詰まりの原因にもなっている現状が確かに存在しているのです。

トイレは人間の生理と切り離せない大事なものです。それが急に使えなくなっては、とっても困った状況に陥ってしまいます。
大切なことは、「お手洗いは詰まりやすいもの」と認識しておくことです。詰まりの原因になりやすい、おむつや生理用品も出来るだけ便器に流さないことで、その発生確率を下げることが可能です。