医療脱毛について

脂肪吸引と同時に、衣服の薄くなる夏場に気になるのは、ムダ毛処理のことでしょう。ワキの下は当然のこと、女性でしたら、腕や脚のムダ毛も無くしてしまいたいものです。この時期、慌ててエステに駆け込む方も多いようですが、まず、エステでおこなわれる脱毛と、「医療脱毛」は基本的に異なるものだという認識を持つ必要があります。

「医療脱毛」とは、病院や美容外科クリニックでおこなっている脱毛のことで、厚生労働省の許可を得た機械機器を使用して施術します。また、必ず医師本人が施術するか、助手がおこなうとしても医師の立ち会いを義務づけられています。

医療脱毛の種類ですが、「光脱毛」「レーザー脱毛」「電気脱毛」があります。一昔前までは、電気針で毛穴の奥の組織細胞である毛根を破壊し、ムダ毛の再生を防ぐ方法が主流でした。しかし、この手法はかなりの痛みが伴い、施術の途中であきらめてしまう女性も多く、また相当の時間がかかるので、現在はあまりおこなわれていません。

美容外科 | 昭和大学病院

医療レーザー脱毛は、黒色だけに吸収される波長の光を照射し、毛根のメラニンに熱エネルギー変化を起こします。その結果、毛を発生させる毛乳頭や毛包幹細胞を破壊し、脱毛効果を得るものです。最近のレーザー脱毛器は、優れた冷却システムを備えており、表皮へのダメージを最小限に抑制しますので、敏感な部分の脱毛に向いています。また、電気針を使った電気脱毛に比べ、遥かに短時間で処理できるのもレーザー脱毛の大きな利点と言えるでしょう。

美容整形 仙台

光脱毛はIPL脱毛とも呼ばれます。脱毛したい部分の毛を剃った状態で冷却ジェルを塗り、特定の波長をカットした光線を当てて除毛する方法です。レーザー脱毛が一種類の波長の光を照射するのに対し、光脱毛は様々な種類の波長が含まれている光の中から、フィルタを掛けることによって、極力肌に害がなく、かつメラニンに反応する光線を当てるのです。また、レーザーに比べて照射範囲が広いため、施術時間の短縮にもなります。

形成外科・美容外科 / 北里大学病院

いずれにせよ、肌のタイプは人それぞれ異なります。施術にかかる期間や、予算なども考慮の上、信頼できる医療機関での施術をおすすめします。