個人事業主から法人へ

個人事業主でもある一定の収益を上げるようになると、法人にしたほうが税務上、メリットがあるとされます。

行政施設/津地方法務局鈴鹿出張所 - 鈴鹿市ホームページ

そもそも個人事業主のメリットとは何でしょうか。所得が少ない場合には、所得控除を考えると、納める税金が少なく済みます。例えば、基礎控除。もともと一定の金額を収入から引くことができます。それに、社会保険料や青色申告の控除もあります。それらを含めて考えると、あまり大きくない金額の売り上げしか上がっていないのなら、個人事業主のままのほうが税金上のメリットはあるでしょう。

仙台 会社設立

逆に、法人のメリットを考えてみましょう。法人にしておくことで、事業における責任が有限責任となります。もし個人事業主が自分で融資を受けて事業を行っていたら、倒産しても取引先に逃げられても、すべて責任を負い続けます。ですが、法人にしておけば、資本金の範囲内での責任となったり、会社自体を整理して、出直すことも可能です。また、金融機関からの融資が受けやすくなるということは格段のメリットでしょう。

法務局の管轄 / 抵当権抹消登記手続きを自分でするホームページ

やはり個人での資金調達には限度があります。その限度を超える大きな仕事を成し遂げたい、という場合には株式会社などを設置して、法人になっておくほうが有限責任の範囲内で、しかし、個人よりも大きな信用取引で、事業を行うことが可能となります。